忍者ブログ
リボルテックタケヤ 阿修羅
« PREV | HOME | NEXT »

[PR]

20171124
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リボルテックタケヤ 阿修羅

20120425
5ec4a1c1.jpeg
リボルテックタケヤ 第三弾 阿修羅[海洋堂]
2,820円(税込)
造形総指揮:竹谷隆之・山口隆
原型制作:鬼木祐二
【世界が認めた造形力。竹谷隆之が挑む新境地−−仏像の世界!】
あの竹谷隆之が、企画・デザイン・原型制作・彩色までの総指揮をとり完成させた、オリジナルワールド。それは、造形を志すものがいつかは手がけたいと願う、奥の深い彫像の世界―――仏像。
彫像の頂点ともいえる高名な作品がひしめく仏像の世界に、アクションフィギュアという手法で挑んだ渾身の試み。長い歴史の中で培われた伝統表現に、独自のタケヤ表現を加えて新境地に昇華した、未体験のフィギュアシリーズの誕生です。
【前代未聞の“動く仏像”降臨!】
仏像を可動させ、ポーズをとらせる―――そんな「冗談」レベルの考えを、ハイレベルで実現。『リボルテックタケヤ』は、その無謀ともいえる領域へ挑戦し、成功させました。
リボルバージョイントを組み込んだ、これらの“新仏像”は、これまで誰も見たことのなかった、未知の仏像の表情を、次々と眼前に現してくれるはずです。
 
【竹谷隆之プロフィール】
人物、クリーチャー造形において世界最高峰の造形力を有するクリエイター。ガレージキット、玩具の原型制作以外に、ゲームや映像媒体での造形制作、デザインも数多く手がける。
オリジナル造形作品集「漁師の角度」でも、その名が広く知られている。
【仏像の説】
阿修羅とは:日本では温和な表情の阿修羅像が広く知られているが、もともとは古代インドの闘いの神であり、帝釈天を敵に回して激しい戦いを繰り返していたことから、悪神・鬼神といわれている。帝釈天との闘いに破れた後は仏教に取り入れられ、仏法の守護神となった
 
【サイズ】 全高: 140 mm
【可動部位】 全 33 個所
【リボルバージョイント】 使用数: 27個
・4 mm ジョイントx5
・6 mm ジョイントx17
・8 mm ジョイントx5
 
【セット内容一覧】
【付属品】
・矢持ち手× 1
・弓持ち手× 1
・水晶持ち手× 2
・オプションハンド× 4
・飾り台(岩)× 1
・V字ベース× 1

e5578430.jpeg

97ca5c6d.jpeg

b5f04777.jpeg

e83f7d26.jpeg
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字